交通事故を起こしたら知っておきたい過失割合

被害者の落ち度を考慮した過失割合

交通事故を起こすと被害者、加害者といった2種類の属性に分かれます。

 

交通事故において全ての責任が加害者にあるとは言えないのが現状でもあります。交差点の事故がその躊躇な例にあります。信号が赤なのに飛び出して車にはねられるといった事故は被害者、加害者に落ち度がある交通事故です。

 

このような事故において加害者が全ての責任を負うことは不公平といった判断から被害者損害のうちの被害者側の過失に対応する部分については加害者は責任賠償を免れることができます。

過失相殺

交通事故においてはどちらにも落ち度がある場合は過失相殺といった方法が取られます。

 

過失相殺とは被害者の過失も考慮して被害者の過失割合を決めて賠償額を減額する方法。

 

ただし過失相殺というのは非常に複雑な問題、計算でもあるとされています。示談を行う場合においては過失相殺、過失割合の知識がないと示談交渉も上手くいかないとされています。

 

当然、保険会社の人間は熟知している知識でもあるので中途半端な知識では保険会社に太刀打ちができないです。

 

この難しい計算の過失割合がですが基準が設けられているのでまずは基準を熟知することも大切となります。

過失割合の決まり方

加害者側の保険会社と示談交渉をするにあたり大切となるのが、具体的な示談金を算出する前に過失割合を決めておくことが大切とされています。

 

交通事故自体、千差万別でケースごとに違いがあります。
この過失割合は具体的な事情を加味して判断する必要があるとされています。