W洗顔のいらないクレンジング

W洗顔のいらない方法で顔を洗浄するには?

W洗顔が肌に良くないって知っていますか?

W洗顔とはクレンジング+洗顔を行うことです。顔を洗浄することを2回行うのでW洗顔と呼ばれていますね。

 

この洗顔方法が実は肌に必要な水分や皮脂を奪いさってしまうことが肌トラブルの起こる原因と言う美容家もいます。

 

それもそのはずできるだけ肌に触れる回数は少ない方が刺激、負担がかからずに美肌のためには良いとされているから。この肌に触れる回数を減らしながらクレンジング&洗顔をこなしてしまうのがW洗顔不要 クレンジングなのです。

W洗顔に潜むトラブルとは?

 

一昔前ならメイクをした時にはメイクを落とすためにクレンジングを行い、その後には洗顔を行うのがスキンケアの基本でもありました。

 

しかし、これを行うことで肌が乾燥したり、トラブルが起こる人が一定数はいます。

 

その理由が2回も顔を洗浄することによって肌に必要なものを全て洗い流してしまうから。そしてその後のスキンケアも間違っていれば当然ですが、トラブルは起こります。

 

肌に必要なものとは簡単に説明すると水分、皮脂です。肌の表面には角層に溜まった水分を閉じ込める保湿バリアがあります。しかし洗浄のしすぎによってこのバリア機能が破壊されたり、薄くなってしまうのです。

 

すると角層に溜まっていた水分は蒸発して肌が乾燥したり、ターンオーバーが正常に行われないといったトラブルが起こります。

 

次に皮脂。

 

 

皮脂は毛穴につまってトラブルを起こすイメージが強いですが、本来は肌にとって一定量は必要なものなのです。

 

特に皮脂膜は天然のバリア機能とも呼ばれており、外部からの刺激を守ってくれる大切な役割があります。

 

これもクレンジング&洗浄によって必要な分まで落としてしまいがち。

 

特に肌が過敏な方はこのバリア機能が弱いことがわかっていますので過剰な洗浄などによって知らず知らずの内に肌トラブルを引き起こしやすい肌にしているのです。

 

これを回避するためにW洗顔不要のクレンジングが注目されています。