紫外線から肌を守る方法

紫外線ケアはしっかりと!肌の老化を招きますよ!

私たち女性の肌を老化さえる一番の大きな原因が紫外線によるものです。

実は外出するだけでなく私たちが室内にいる間でも肌は紫外線によるダメージを受けているって知っていましたか?

 

そこで今回は日焼け止めを最大活用したUVケアテクニックをご紹介していきたいと思います。

 

紫外線はシミ、そばかす、毛穴の黒ずみなどの肌トラブルを招く私たち女性の大敵です。しっかりとスキンケアをすることでライバルのあの子に一歩も二歩も差をつけることができる必至ケアなのでしっかりとマスターしていきましょうね(^◇^)

日焼け止めの正しい使い方

 

日焼け止めは紫外線対策にもっともポピュラーな方法。
故に見落としがちなポイントが複数あり損をしている女性も多いのが特徴でもあります。基本的に日焼け止めはまんべなく肌に塗ることが大切。量が少なくても多くても肌にはいけませんので適量をしっかりと塗ることが大切です。

 

そして見落としがちなポイントの一つとして髪の生え際があります。

 

おでこまではしっかりと塗るけど髪の生え際まで気を使って日焼け止めを塗る人って少ないのではないでしょうか。実は髪の生え際は紫外線をガッツリと受けているポイントでもあります。
夏なると生え際だけ日焼けしている女性を複数見ますが、これは生え際まで日焼け止めを塗っていない良い例でもあります。

 

生え際だけ日焼けしていると女性としての清潔感はもちろん、髪の痛みも進行してしまいます。生え際に日焼け止めをたっぷり塗る必要がありません。おでこや頬に塗った日焼け止めを少し生え際まで伸ばしてあげましょう。この程度で充分の生え際の日焼けを予防することができます。

美肌を目指すための第一歩は紫外線対策です!

美肌になるためといった情報はたくさんインターネットでも溢れかえっています。どれもキレイになるならこういった化粧品を使うべき!といった内容が多いですが、根本的な美肌になるためのスキンケアはこういった些細なことの積み重ねによるものが多いです。

 

化粧品の効能を勉強するのも良いですが、たまには日々のケアの基本を振り返って見なおしてみることも大切なんですよ!